日本エックス線検査株式会社ロゴ

BUSINESS INFORMATION
事業案内

信頼の非破壊検査技術

Nondestructive inspection

21世紀に入り、ますます高度化する技術社会を構成する各種の社会資本(宇宙開発、原子力発電、重化学工業、航空、鉄道、自動車、橋梁、超高層ビル、地下、海底構造物等)は、その安全性と品質保証の確保が、最重要課題になります。

私たちが提供する非破壊検査技術は、これらの構造物の安全性の確保と品質保証の手段として、本当に重要な技術であり、今日まであらゆる災害時、重大事故の際にその必要性が叫ばれました。

検査の根幹をなすものは「自分の安全は自分で守る」というごく当り前のことから出発し、社会全体が安心して生活できる環境を築きあげて行くことだと信じます。社会資本は年月と共に老朽化が進み危険予知、寿命予測等の手法の確立が急務であります。

検査

試験体の内部を調べる方法

放射線透過試験(RT)

放射線(X線)を使用して試験体内部のきずや状態、または構造をフィルムに写しとる試験方法です。

詳しく見る

超音波探傷試験(UT)

極めて高周波の超音波を使用して試験体内部を
探傷する試験方法です。

詳しく見る

試験体の表面を調べる方法

浸透探傷試験(PT)

試験体の表面に開口したきずを、色のついた液体(浸透液)を
使用して探傷する試験方法です。

詳しく見る

磁気探傷試験(MT)

試験体に磁力をかけ、試験体の表面及び表面直下の
きずを探傷する試験方法です。

詳しく見る

渦電流探傷試験(ET)

高周波電流による電磁誘導現象を利用して、試験体の表面の
割れや薄肉管の減肉を探傷する試験方法です。

詳しく見る

土木・建築構造物の調査

コンクリート構造物
内部調査

ビルの床や壁の中にある鉄筋や電気配管等の埋設物を
X線や電磁波などを使用して探査します。

詳しく見る

配管サンプリング調査

サンプルとして抜管した配管を半分に割り、
内部の状態を確認し劣化度を調査します。

詳しく見る

建物設備診断

外壁の打音検査やコンクリートの状態検査などを用いて
建築物の健全性を調査します。

詳しく見る

人材派遣サービス

品質管理・監督業務

各種プラント・エネルギー供給施設の建設などに伴う
品質管理・監督業務に携わっています。

詳しく見る

トップへ戻る
本社
06-6210-1031
電話受付時間 9:00~18:00
(弊社休業日を除く)
大阪市中央区今橋1丁目6-19
コルマー北浜ビル9F
関東営業所
044-280-3631
電話受付時間 9:00~18:00
(弊社休業日を除く)
川崎市川崎区藤崎3丁目5-1
トークピア川崎ビル4F
お問い合わせ
調査・検査・補修等、お気軽に
ご相談ください。