日本エックス線検査株式会社ロゴ

BUSINESS INFORMATION
事業案内

検査

建物設備診断

Equipment Diagnosis

建築物を良い状態で長く使用するには、まず現状における状況を的確に把握することが必要です。建築物の劣化や損傷に気づかず、そのまま放置すると大きな事故に繋がる可能性もでてきます。定期的な診断調査をすることで建物劣化の早期発見・早期補修に役立ちます。弊社では目視調査、X線や超音波を使用しての調査、外壁の打診調査や引張試験、コンクリートの中性化試験や圧縮試験など様々な調査を行います。

検査状況

目視調査

接近可能な範囲での目視+望遠カメラやCCDによる調査 吊ゴンドラ、足場組を使用しての調査を行います。

ひび割れ、欠損目地シーリングの劣化、変色調査、他

写真

写真

外壁の打診調査

打診により浮き、剥離調査を行います。

写真

写真

RCレーダー

配筋状況、かぶり厚さの測定を行います。

写真

写真

コンクリートの中性化試験

コンクリートのコアを採取して試験液による中性化深度の測定調査をいたします。

写真

写真

コンクリートの圧縮試験

圧縮試験機による圧縮強度の測定調査します。

シュミットハンマーで圧縮強度の推定調査をいたします。

写真

写真

コンクリートの斫り調査

鉄筋径測定の測定します。

かぶり厚さの測定します。

鉄筋腐食度調査(目視)をいたします。

写真

写真

X線透過写真

コンクリート内部の埋設物を調査をいたします。

設備配管の内部状況を調査いたします。

写真

写真

超音波探傷

設備配管の腐食、残肉状況を調査いたします。

写真

写真

トップへ戻る
本社
06-6210-1031
電話受付時間 9:00~18:00
(弊社休業日を除く)
大阪市中央区今橋1丁目6-19
コルマー北浜ビル9F
関東営業所
044-280-3631
電話受付時間 9:00~18:00
(弊社休業日を除く)
川崎市川崎区藤崎3丁目5-1
トークピア川崎ビル4F
お問い合わせ
調査・検査・補修等、お気軽に
ご相談ください。