日本エックス線検査株式会社ロゴ

BUSINESS INFORMATION
事業案内

検査

コンクリート構造物内部調査

Concrete Structures Internal Investigation

X線や電磁波レーダーを用いてコンクリート内部の鉄筋や埋設管などの有無を調べる試験方法です。
コア穿孔作業や躯体工事の事前調査として安全な工事実施をお手伝いいたします。

X線透過法

放射線は試験体中を透過する際に減少していきます。コンクリートの中に鉄筋や埋設管があると、その埋設物とコンクリートの放射線の通りやすさが異なり放射線の透過量が変わります。その透過した放射線の「量の差」がフィルム上にて白黒の濃度差で検出されます。

写真
装着セット状況
写真
フィルムセット状況
フィルム写真
写真

特徴

電磁波レーダー法

電磁波をコンクリートへ向けて照射した際、内部に埋設物があると電磁波が反射します。反射してきた電磁波を捉えることによって埋設物の位置、深さなどがわかります。このことから鉄筋の配筋状況やかぶり厚さを調べることができます。

原理

図

図

レーダー波形画像

写真 写真
2Dデータ
写真
3Dデータ

検査状況

写真

写真

特徴

トップへ戻る
本社
06-6210-1031
電話受付時間 9:00~18:00
(弊社休業日を除く)
大阪市中央区今橋1丁目6-19
コルマー北浜ビル9F
関東営業所
044-280-3631
電話受付時間 9:00~18:00
(弊社休業日を除く)
川崎市川崎区藤崎3丁目5-1
トークピア川崎ビル4F
お問い合わせ
調査・検査・補修等、お気軽に
ご相談ください。